お問い合わせ

会社概要

お気軽にお問い合わせ下さい 076-468-3735

森の楽隊日記

Home > 森の楽隊日記

木部を薄化粧しました。

木部にホワイト色の自然塗料を塗りました。

薄く塗ってからウエスで拭き取ることで、あめ色に変化する木の自然現象を抑えることができます。

そして、「白い木」にするこで、品がよく高貴な雰囲気になります。

弊社のギャラリーでも採用していますので、興味のある方は一見価値ありです。

薄化粧用に採用した塗料は、オスモカラーのホワイトスプールス色です。


「フライパン建築士の住宅論」

壁の断熱材吹き付けが完了しました。と、いつも書くだけで・・・・

弊社の断熱性能を知っていただきたいのに、ホームページではあまり説明していない状況に気が付きました。

気が付いたというよりも・・・

施主様宅にアフターメンテナンスにお伺いした際に、

施主様から、

「森の四季社の家は暖かいのに、ホームページのアピール度はとても低いと思いますよ~アピールしたほうがいいですよっ!」とお言葉をいただきました。

はっ!と気づかされた瞬間でした。とてもありがたいお言葉でした。

そこで、今さらですが、弊社の断熱仕様や省エネの考え方そして暮らし方の提案をホームページに書いていこうと思います。

題して「フライパン建築士の住宅論」~設計から現場まで体験をもとに住宅建築をお話します~

取り急ぎ、弊社の断熱材についてご説明します。

ご覧の写真のように、現場発泡ウレタンを吹き付け施工しています。

この工法が、弊社の建物にベストマッチします。

吹き付け厚みは、110㎜以上を目安にしています。

ちなみに、ZEH(ゼロエネハウス)は、厚み85㎜以上が目安なので、弊社は十分にクリアーしています。

そして、外部に接する建築金物にも包み込むように吹き付けることで、熱橋を防ぐことができます。

今後、いろんな断熱材の比較や、設計上はグッドアイデアでも、現場ではNGな事などをお伝えできたらと思います。

また、フライパン建築士の意味もお話していけたらと思います。

 


アンティークドアを取り付けました。

フランス製のアンティークドアを取り付けました。

建具屋さんの木香美・服部さんのおかげで精度良く取り付けることができました。

古き良い物を厳選して使用することで、本物志向の家づくりができます。


基礎工事に向けて丁張を出しました。

丁張りは、工事に取りかかる最初の工程になります。

新品の木材で心清らかにして、作業を行います。

↓イメージパースです。完成が楽しみです。


北の住まい設計社の家具が届きました。

アートゥリーさんから、北の住まい設計社のTVカウンター家具を届けていただきました。

材質は、楓(カエデ)です。白木の風合いに温かみを感じます。

この家具は、石鹸を塗ることでメンテナンスができます。

ハウジングギャラリーにしっくりと納まりました。

 


吹き抜けにキャットウォークのある家

吹き抜けにキャットウォークのある家の工事が進んでいます。

吹き抜けの梁を利用して、キャットウォークを造りました。

回遊できるので、猫ちゃんに気に入ってもらえると思います。

階段の木組み手すりが出来ました。これを造ることで、優しい雰囲気になります。

店舗併用住宅は、アンティーク窓やドアの取り付け作業に取り掛かっています。

↓待合スペースの窓です。可愛らしい窓を見ていると癒されます。

↓大きなアンティークドア枠を取り付けました。

アンティークドアを取り付けることで、デザインに重みが増します。

アンティークドアの輸入と枠の加工は、レエンダさん

取り付けは、木香美・服部さんで行っています。

丁寧な仕事に感謝致します。

 


丁張を行いました。いよいよ基礎工事が始まります。

地盤調査の結果は、べた基礎判定でした。

地盤改良工事の必要はなく、基礎工事に進むことができす。

基礎工事を始める際は、写真のように木で囲いを行います。

これを丁張(ちょうはり)と言います。

丁張は、基礎の通り芯と基礎の高さを決める重要な作業です。

先月上棟した店舗併用住宅は、外壁の下地が完了しました。

内部は、断熱材のアクアフォームを充填吹付け中です。

 

外壁は、ニチハの大壁工法を採用して、目地のないフラットな表面を作った後、

ジョリパットの塗り壁で仕上げます。


次亜塩素酸の除菌脱臭機オススメです。

ウイルスや臭い対策に次亜塩素酸空間除菌脱臭機がオススメです。

介護施設・保育園・幼稚園・医療施設・ペットショップのさまざまな空間で利用されています。

一家に一台あってもいいかもと思いアップしました。

次亜塩素酸除菌脱臭機は、除菌と脱臭が目的であるため、

湿気やほこりは除去しません。加湿器・除湿器・空気清浄機を合わせて使用することをお勧めします。


地縄を張りました。

造成工事が完了しました。確認申請許可がおり次第、基礎工事が始まります。

地縄(白いロープ)を張ることで、家の大きさがわかります。

明日、地盤調査を行います。

昨日の現場に引き続き、良い結果が出ることを願っています。


アスファルト舗装の撤去を行いました。

住宅を建てる部分のアスファルト舗装を撤去しました。

朝晩、冬の気配を感じる時期になりました。

雪が降る前に上棟ができるように工事を進めています。

明日は、地盤調査を行います。

良い結果が出ることを願っています。

 

 


上棟後の現場です。

↓上棟の風景です。先ず柱から立てていきます。

上棟が無事終わり、

耐力壁を貼っているところです。また屋根瓦工事が順調に進んでいます。

内部からは、在来軸組工法の骨組みをみることができます。

 

 


21日の上棟に向けて土台敷きを行っています。

美容室併用住宅の上棟に向けて、木材の土台敷きを行っています。

プロヴァンス(南フランス地方)をイメージした、可愛らしい美容室になります。

築20年のお宅のメンテナンス工事を行っています。

外壁の再塗装、屋根の葺き替え、給湯器の交換などたくさんの項目がありますが、

しっかりメンテナンスを行うことで、家の寿命が延びます。

11月末の上棟に向けて、敷地のよう壁の造成工事に取り掛かりました。

よう壁工事と同時並行で、上下水の引きこみ、電柱の移動を予定しています。

 


Profile

森の楽隊が日々のことを書き綴っています。

Entry
Calendar
2019年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031